Monday, March 12, 2007

雨雨降れ降れ/gumboots and all.

降水量の多い場所なので,雨の心配もした方がいいかなと思いましたが,彼の地の典型的な服装もそれなりに雨に対処したものであろうし、それなら,それなりの雨具が古物屋にも廉価で出回っているはずだと思い直して,結局,雨の対策はいつもどおり、行き当たりばったりでした。
傘をもつくらいなら,濡れた方がまだまし、傘は持ち歩きません。普段はドライズアボーンというモールスキンの雨避け外套をもっぱら愛用しています。梅雨の日本へ出かけなければならない時でも、雨具に持っていったのは20年近く前にヘルシンキの古物屋で見つけたチェコスロバキア製の帽子だけです。帽子なら日よけ兼用にもなります。

今回も結局これだけにしました。もし、雨具が必要になるほどなら、近所の古着屋でなんか見つかるんじゃないか,雨の文化がかなり発展してんじゃないか。そんな期待もありました。

んで、ニュージーランドに到着してみると,男性,足回りはゴム長靴が基本です。ブーツの場合もありますが,編み上げは少なく,着脱に便利なスリッポンが多い。長靴は雨の日だけかと思えば,晴れている日でもこれを履いてます。農作業とか,晴れててもぐちゃぐちゃすることがあるからなのでしょう。んで、ぐちゃぐちゃして汚れているから,家に上がる時,というか,入る時は長靴を脱ぎます。

ニュージーランドでは長靴を脱ぐ習慣が広まっているからなのか,泊めてもらったところでは,日本のように家のなかで靴を履かないところが多かった。まあ,でも,日本とは着脱の感覚が少し異なるようで,日本でなら靴を脱がないような場面でも脱いでしまう人もいます。スーパーや店の入り口に長靴が並んでいるのも目にしました。あらあら,誰かの忘れ物かしらと思ったら,店内にはソックス姿で買い物する人がいました。長靴の下には毛糸のソックス。夏なんか,蒸れちゃわないかと心配になるような厚手のソックス。雨に強いんだそうです,この組み合わせ。
IMG_0779.JPG

格別泥がついて汚れているわけでもないので,習慣なのでしょう。何となくわかる気もしますが。

足下はともかく,ニュージーランドの伝統の雨具っ何なんでしょう。ウーフに泊めてもらったところで、雨模様の空を見上げながら,そう聞くと,スワンドライをもってきて,見せてくれました。創業100何年というスワンドライは国民的なファッションだそう。毛織りのジャケットは、ゆったりとして,フードのついたデザイン。膝上くらいまでの長さがあるので、これならなるほど少々の雨でもへっちゃら。なるほど、雨の多いニュージーランドならではの製品です。新品は250ドル近くしますが、かなり普及しているし、模造品も含めれば,オプショップや古着屋で中古が安く見つかります。自分はレッドクロスのオプショップで5ドルでひとつ、手に入れました。

毛織りのジャケットに長靴,ニュージーランドの雨具はかなり使い出のあるコンビネーションです。

1 comment:

ペケ said...

初めまして☆オーストラリアのパースに住んでいます。

雨!こっちは全然降らなくて大変なコトになってます。雨雲こっちに送ってくださ~い。